ようこそ、いらっしゃいませ 

幸せに暮らすには?をいつも考える 

株式会社CID
『レストランウェディングプランナー』 の  吹原みきです。  



どちらかというと

外食しないほうです。


こう見えても、主婦なので笑


家族に食事の用意をするのも

私の重要な仕事。


ただ、まったく外食しないわけではありません。


職業柄、行っておかないといけないお店もあります。


お世話になってる方のお店や

友人のオープンさせたお店。


ある程度は、話題のお店も知っていないといけないし。


もちろん、おいしいものや飲食での流行も

リサーチしないといけない。


ということで、

食事に行って残念な思いをすることは少ないです。


そして、

いわゆる話題のお店、といわれるところに

頻繁ではないにしても

行く機会はそれなりにあるということ。

情報も入ってきます。



が、先日のお仕事で、目からうろこ!

忘れかけていたことに気づいちゃったんです。



Restaurantって、夢の国だった!!!



私がかれこれ10年ほど前に

ウェディングプランナーでもあり、

企業のパーティー担当者として

仕事をしていたのは

『Restaurant 白亜館』






もう、今は知っている方も少ないのかも。

けれど、

名古屋でフレンチといえば白亜館。

というお店でした。



贅沢な空間と

優雅な時間と

心地よいくつろぎを提供して

最高の食事とワインを

愉しんでいただく場所。


一歩お店に踏み入ったお客様には

非日常を愉しんでいただかなければ。


来週、あそこへ行くのだから

何を着て行くか考えなきゃ。


気合いを入れてあそこへ行ったら

彼女にこんな魔法をかけよう。


そんな場所。


夢の国でなければいけない場所 。



だから、働く私たちも自分を磨く。

そうやって楽しみにして

来店されるお客様に

失礼の無いように。




本店の高岳には

グランドピアノがあって生演奏。

もともとはピアニストで

ジャズボーカリストに転向した

あの有名な方が 若い頃、

高岳でピアノ生演奏の

アルバイトをしていた、

というのは、とても有名なお話。


当たり前に大きな投げ入れの生花。

贅沢な時間、食材。本物の調度品。

今も、知っている方にお会いすると

話題になるお店、本店の高岳。



そんなお店、白亜館で

一緒に仕事していた人たち

シェフ、ソムリエ、ギャルソン。


離れて気づく。

凄い人たちだったんだってこと。


これぞレストラン。






白亜館の凄いところの一つは入社式。


圧巻は入社式後のパーティー。


白亜館グループの1店舗ずつが、

冷製の前菜からメイン、デセールを

担当制にして

原価を考えず食材を仕入れて

各店舗で仕込んで持ち寄り、

本店のキッチンに集結。

そこで最終仕上げして

バンケットルーム(パーティールーム)に並べます。

その時、各店のシェフは

スーツを着て式に参加してるので

調理の指揮をするのはスーシェフ(いわゆる2番手の責任者)


これが最高級の料理だ!、ということを

白亜館の社員になるのなら知っておけ!


これがオーナーの考えです。


私、白亜館が大好きだった。



レストランにお越しのお客様に

『自慢の我が家へようこそ』

という気持ちだった。




この気持ちを刻み付けて

仕事をしていたし、

専門学校でも、話していたのに



すっかり忘れてた!って思った出来事があったのです。


そのお話はまた来週!



どうぞ、来週 水曜日 も

「ウェディングプランナー 
吹原みきが教える 幸せな家庭の作り方」  

覗いてくださいませ  



またお目にかかれますように!