ようこそ、いらっしゃいませ 

幸せに暮らすには?をいつも考える 

株式会社CID
『 専門学校講師 』 の吹原みきです。  


先日、大原トラベル・ホテル・ブライダル専門学校の卒業研究発表会に参加してきました。



7つのチームが、これから自分たちが飛び込む業界で

提案したい企画を練り、プレゼンします。 


私は週に一度、学校で授業があるので

一年生のころに授業を持っていた彼らが

一生懸命準備しているところも、

練習しているところも

そして、やっぱり学生らしく?(笑)

先生にお尻を叩かれているのも

見かけていました。



いよいよ本番。みんなかなり緊張している様子。

ブライダルに進むチームが2組

トラベル系のチームが2組

そして、ホテル業界へ入っていく3チーム

順に発表していきます。


クローズアップしたいのは

やっぱり私の業界、ブライダルの企画。


まず、この2チームの中から今回の優秀賞が選ばれたこと。

これは純粋に嬉しい。

優秀賞の決め手の一つは、

この発表までの準備を評価されたこと

簡単にはできない実技を取り入れたり、

時間をかけてしっかり準備したのが

審査員に伝わったから。


もちろん、内容も決め手です。

数字も出してあり、わかりやすくグラフも添付してある。


少し余談ですが…。

以前私の尊敬する、ある経営者に

プレゼンテーションをする上で

教えられたこと。


「国語」「算数」「理科」「社会」が

網羅されているかどうか、が大切なんだって。


「国語」文章力

「算数」統計、グラフ表現

「理科」臨床、分析

「社会」世の中の動きや視野の広さ

こんな感じだったかな?


シンプルに考えて

それらを網羅してあれば企画書としてほぼOK



なるほど、わかりやすい。


そんな目線でみても

まずまずの企画書でした。


ただ、私が講師として心から嬉しいと思ったのは


もう片方のチームの企画。



それは、まさにこれから

私たちブライダルに携わる人間が

真剣に考えていかなければならない課題を

題材としていたから。


そして、授業で少しでも伝わったらうれしいと思いながら話していることが

熱く語られていたから。


ブライダルに関わる人間は

プロ意識を持って、

担当させていただくお二人の人生を

もっともっと深く考えること。


結婚に携わるプロフェッショナルとして

これから結婚生活をスタートさせるお二人に

伝えるべきことがあるはず。


自分自身がマナーをしっかり学び、

コミュニケーション能力を高めることで

これからの二人の生活を幸せに暮らしてもらうための

ヒントをたくさん用意すること。


本来、各家庭で教えられるべきことを

知らずに結婚していく方も多い昨今


それを伝えられるポジションにいるのが私たち。


結婚準備のタイミングには、

マナーもコミュニケーションも

フル稼働で必要だから。



この大変な準備を一緒に進めることで

これからの二人の人生に

何か幸せのヒントを残しておくこと。

これからのありきたりの毎日を乗り越えていく

大切な何かを残しておくこと。


こんな想いをぶれずに持ち続けてほしい。


そんな私の気持ちを

汲み取ってくれたかのような企画。



なぜ優秀賞ではなかったのか?


だって、まだまだ私たちでも試行錯誤。

想いだけが先走って

ビジネスにできていないのに、 

この子たちが

算数、社会、理科を網羅した企画に落とし込むなんて、難しいに決まってる。


国語はばっちり!でしたけどね。

算数、社会、理科はなかなか強引なものでした(笑)


でもね、本当にうれしかった。


早く一緒に仕事したい

頼りになる後輩たち。




どうぞ、来週 水曜日 も

「ウェディングプランナー 
吹原みきが教える 幸せな家庭の作り方」  

覗いてくださいませ  



幸せに暮らす方法はこちら
 ☟ ☟ ☟ ☟ ☟
http://www.cid77.com



またお目にかかれますように!